低分子コラーゲンで美をキープ|美しく生きよう

女性

食事を楽しみながら

血液

血糖値を下げる食品類

糖尿病の診断基準であるヘモグロビンa1cは、5.5%未満が正常値であり6.5%以上もあれば糖尿病と診断されます。このヘモグロビンa1cの値を下げるには、食事療法も大切ですが血糖値を下げる効果のある食品類を積極的に摂るだけでも血糖値を下げることは可能です。血糖値を下げる効果が高い食品類は、緑黄色野菜・きのこ・納豆・するめ・かつお節・アーモンドなどがあります。緑黄色野菜は、抗酸化ビタミンが含まれており、きのこ類には水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。どちらも血糖値の上昇を抑える効果をもっています。納豆に含まれるレシチンはインスリンの働きを活発にしてくれますし、するめに多く含まれるアルギニンも同じ効果を発揮します。かつお節は、細胞の糖化を防ぎアーモンドは活性酸素の働きを抑えるビタミンEが豊富に含まれています。これらの食品類を普段の食生活の中に積極的に取り入れるようにすると血糖値の上昇を抑え且つ下げることも可能です。

自然由来のサプリで

ヘモグロビンa1cの値が気になる人に、人気のある血糖値のコントロール方法に自然由来のサプリの活用があります。血糖値を下げる効果のある漢方サプリを活用する方法であり、高麗人参・鹿角霊芝・田七人参・菊芋・ステビアを配合したサプリを飲むことです。一番人気があり、効果を実感する人が多いサプリは田七人参を使用したものですが、人によってどの漢方が効果を発揮するのかは飲んでみないとわからないものです。しかし、自分の体質にあえば効果抜群なので、薬に頼りたく無い人や適切な運動や食事管理をしているにも関わらず、ヘモグロビンa1cの値がなかなか下がらない人に人気があります。サプリだと水さえあればどこでも飲むことができ、薬のような副作用が少ない点も人気の理由です。